SyntaxHigh

Saturday, August 23, 2014

Idea: Controllable Frame Reaction with Spray

炎色反応をコントロールしよう。

P1020580

必要なもの

各色の水溶液  
ブンゼンバーナーか、プロパンガスのインスタントバーナー 電気制御できることが好ましい
ソレノイドバルブ 各色ごとに液体の圧力をコントロールするため
コンプレッサー スプレーを出すための圧力
マイコン  
スプレー 細かい霧を出せるものが好ましい
シリコンチューブ 水溶液のボトルからスプレーまで

制御

残念ながら、液体を混ぜてもその中間の色が出る、というわけではないらしい。だがLEDを考えると、光が混ざればとにかく同じ色に見えるのだから、工夫の余地はあると思う。
液体はソレノイドバルブで制御するが、スプレーに送り込むかわりに、白金線の上に垂らして、白金線をバーナーで炙る、という方法がある。
こちらのほうが炎の大きさは小さくなるが、まずはこちらでやってみるべきだろう。